インプラント治療とは

インプラントについての知っておきたい情報が盛りだくさんです。

インプラントについて調べてみた

インプラントとは、医学的には人工的に作製した器官・組織の代替物やそれらを欠損箇所に埋め込むこと。人工関節・義歯・腱・血管などが例としてあげられます。

歯科の場合は、主にストローマンインプラントやブローネマルク、大口式インプラントなどで、チタン製の歯の根っこを埋入し土台とし、その上に人工の歯根を顎の骨(歯槽骨)に埋め込み、そこに人工の歯冠を取り付ける方法をとった、歯科独自の口腔外科的治療法です。

健康な歯の場合は、歯根、歯肉により歯を支えていますが、インプラントの場合、人工の歯根を顎の骨(歯槽骨)に埋め込み、そこに人工の歯冠を取り付けます。骨とインプラントが結合するのに約4~6週間かかります。

インプラントは、虫歯や歯肉炎、または怪我などのアクシデントによって、失われた歯をサポートする為の治療方法のひとつです。歯には、歯肉(歯茎)の外に見えている「歯冠」と、中に入って見えない部分の「歯根」があります。歯は歯肉の下で、歯根膜という組織を介して骨としっかりつながっています。インプランも同様に骨と結合するのです。

治療後はムシ歯にはなりませんが、衛生管理が悪いとインプラント周囲炎を起こします。炎症を起こすと、再び歯肉を切り開き、フィクスチャーに『アバットメント』をネジで固定する手術をなければなりません。

こんな方におすすめ

20代から50代の方に多いのですが、入れ歯や義歯だと見た目が気になってしまい気軽にコミュニケーションも取れないと嘆かれる方がインプラントに希望を持たれています。健康な歯の寿命を損なうことなく、欠損部分を補い口腔内環境を整えたい患者様に強くおすすめいたします。

インプラントは、歯の欠損部や機能しないほどダメージを受けた部位にチタン製の人工歯根を埋め込む口腔外科的治療方法です。人工歯根の上に歯肉にスムーズに覆われるように配慮し上部構造を構築します。

治療前の処置では、歯周病の治療や虫歯の治療などその他の歯の治療を行い終えておきます。また、必要に応じて骨造成も行います。

気を付ける点

重度の糖尿病や心臓疾患など、重度の内科的疾患をお持ちの方は、その他の疾患が併発するおそれが多いので手術が不可能な場合があります。

血糖降下剤の内服やインスリンの自己注射をしている糖尿病の方は、通常通りの内服やインスリン注射を行うと低血糖症状が起こる場合があるので、歯科医主治医及び内科主治医とのコンセンサスがとても重要になります。

骨の成長が終っていない若年者(15才や16才未満の方)は、額に直接チタンを埋め込む手術のためお断りする場合が多いです。タバコに依存されている方はインプラントを考えるときに、同時に歯周病のチェックが必要となります。

インプラントのタイプと施術法

現在のインプラントは、顎骨に埋める人工歯根部と被せ物の支台となるアバットメントからなり、双方が一体となった1ピースタイプと別個の2ピースタイプがあります。

最初の手術で埋入されたフィクスチャーとそれの上部構造である人工歯冠によって基本的なインプラントの一連の手術となります。フィクスチャーによって可能になった上部構造の構築により、インプラントはその役割を強く発揮します。

使われている素材

現在使用されているインプラントの素材は、純チタン製か、チタン合金で出来ているとても人間の体に親和性の高い素材を人工歯根として使用しています。

安全性が高い治療

インプラントは人工歯根ですので、噛む力も強く出来ますし、すべての歯の土台である顎の骨にも、「噛むことでの適度な刺激」が提供され好影響を及ぼします。

歯の欠損部や、機能しないほどダメージを受けた部位にチタン製の人工歯根を埋め込む口腔外科的治療方法で、人体にとても親和性の高いチタンを加工形成し、歯根の代わりに額骨に埋め込みます。

インプラント治療とは、人体にとても親和性の高いチタンを加工形成し、歯根の代わりに額骨に埋め込む治療です。チタンはとても人体の親和性の高い物質ですが、インプラントがしっかりと結合するまでに約4~6週間必要です。

奥歯は食べ物を噛み潰し、すりつぶす役割を持っていますし、前歯も変えることでその活動をフォローします。より良い歯科治療、口腔に関連、連動したより良い健康を求めておられる患者様にとってインプラントは最適な階の一つであることは当然です。

インプラント治療は安ければいいという患者様も多くいらっしゃいますが、技術力とサービス料金は比例するという面もあります。インプラントは多くの歯科医院で無料相談が可能ですし、それぞれの医院にインプラント治療に関する注意事項などがありますのでよく理解し丁寧な行動を心がけましょう。