不安を解消するために注意する事

インプラントを行う前に不安を解消しましょう

執刀医を見極めて安心して治療を受けよう

歯の欠損部では骨の減少や変形が引き起こされることがあります。そのようになってしまいますといざ入れ歯を入れようと試みても合わないケースがあります。現在のインプラントの人工歯根の埋入を含めた手術の術式としては、1回峰と2回峰が主にあるが、ほとんど担当の歯科医師の得意な方で治療を行なっています。

治療前の処置では、歯周病の治療や虫歯の治療などその他の歯の治療を行い終えておきます。また、必要に応じて骨造成も行います。

個人差はありますが、術後の痛みは抜歯の痛み程度であることが多いと言われています。どれだけ熟練した歯科医師が執刀しようとも、リスクが発生致します。それらを患者様に認識、ご理解頂くことがとても大切です。

血圧の凝固を抑える薬を飲まれている患者様は、止血の効果が薄れ、リスクが増す場合があります。整脈内鎮静法などで過度なストレスを回避できます。精神的なものや、持病関連などで血圧にご不安がある方は必須のものかとも思います。

執刀医をしっかり見極める

歯が欠損している患者様の殆どは、何らかの口腔内疾患を患っていることが多く、それらを加味した上でのインプラント治療が求められています。

インプラントの埋入で1回、後日、歯冠(歯の頭の部分)の土台でもう1回手術を行う(外科手術は1回で済みます。)、計2回の手術でインプラントを設置する方法です。失った歯根の代わりに人工歯根を埋入するする手術です。歯を失った本数に対して同程度の治療をすることが一般的です。

未熟な外科手技による手術の失敗が多く存在しますので、患者様におかれましては、厳しい目で執刀医の選別を行うことが求められています。

インプラント治療は安ければいいという患者様も多くいらっしゃいますが、技術力とサービス料金は比例するという面もあります。

連泊旅行や帰省に使う飛行機。空港までの行き方に迷ったことはありますか?

公共交通機関が運行している時間帯ならバスや電車を利用するのも安く済みますが、お子さんがいたり荷物がたくさんあると目的地に着くまでにへとへとになってしまいますよね。

三和交通では特定の区間なら定額でタクシーを利用できるサービスがあるのでおすすめです。

羽田空港まで行くなら三和交通タクシーのご利用を