インプラントと入れ歯の違い

インプラント治療と入れ歯を比較してみました

インプラントと入れ歯の違いや特徴とは?

現在、歯がなく入れ歯では満足に噛めない食事を楽しむことができない方が多くいます。

ブリッジ治療を行ったケースでは、歯の咬む力にブリッジを支える左右の歯が過度に疲労ししばらくして折れたり歯並びが以上になるなどということがあります。

インプラントは、入れ歯やブリッジのように、かみ合わせや日常の機能性の上で何ら、支障をきたすことなく使用される最先端の歯科治療なのです。上部構造の仕上げはとても重要です。審美的な美しさはもちろんですが、咬合の能力が十分に発揮されるように調整することが大切です。

入れ歯では、咀嚼時に歯肉と顎の形状が変形するので、定期的なメンテナンスが必要ですが、インプラント治療では、チタン製の人工歯根上に人工の歯を構築することでそのような問題も解決できます。

インプラントは完成された治療のように感じる方も少なくはないですが、一人一人の口腔環境に合わせた治療計画と、治療前、治療後の処置が重要です。失った歯根の代わりに人工歯根を埋入するする手術です。歯を失った本数に対して同程度のインプラント治療をすることが一般的です。

健康な歯の寿命を損なうことなく、欠損部分を補い口腔内環境を整えたい方には、インプラント治療を強くおすすめ致します。

入れ歯にはないインプラントの土台について

入れ歯にはしっかりした土台がない為、満足に噛めないなど支障が生じますが、インプラントはしっかりした土台を作る事から治療が始まります。

奥歯は食べ物を噛み潰し、すりつぶす役割を持っていますし、前歯も変えることでその活動をフォローします。現在、インプラントの土台として使用されている主なメーカーはブローネマルク社や3i社、ジーシー社があります。そのなかで、歯科医としての適性や患者様ごとの適正を図り使用されていきます。

自然物の歯冠を顎骨で固定するフィクスチャー上に再現することで、噛み合わせにも最適な歯が形成できます。徐々に自然な歯根と同様に機能するインプラント(人工歯根)は、やがて生まれながらに持っている歯根と同じ様に歯冠をしっかりと支えます。