豆知識

知っておいたら安心な情報が盛りだくさん

インプラントをもっと理解しよう

インプラントは注目度が高い治療です。しかし患者様によっては、理解が少ない治療法でもあります。

入れ歯は強く噛むとどうしても歯茎や視床下部に当たり、負荷がかかり痛みを伴うことがります。また、ズレや入れ歯の歪みによる悪影響の循環にハマることも多々あります。入れ歯の仕様で発音がうまく出来なくなる方が稀にいらっしゃいます。

インプラントは下の動きに邪魔をしませんから、楽しいおしゃべりを出来ます。そのため噛むという行為に消極的にない顎が退化してしまうことがあります。そのため、ご自分の歯と同様に強い力で噛むことができるインプラントが求められています。

インプラント治療をなさる場合でも、ひとまず口腔内の環境を整えることからはじめなければいけない場合も多くあります。X線やCT画像で顎関節から顎の状態までを診断、把握し、口腔内全体の疾患を取り除く治療方針を建てることが必須です。インプラントオペ前の診察時に、イメージするインプラント埋入後のセルフイメージを歯科医師と合致しておくことが大切です。

高血圧の持病持ちの方は、血圧値のコントロールがとても大切です。局部麻酔を用いた手術では、緊張感や不安感のためにさらに血圧が上昇してしまうケースが多々あります。また、血糖降下剤の内服やインスリンの自己注射をしている糖尿病の方は、通常通りの内服やインスリン注射を行うと低血糖症状が起こる場合があるので、歯科医主治医及び内科主治医とのコンセンサスがとても重要になります。

しっかりした術前の検査とカウンセリングで足元を固め、理解をした上でインプラント埋入手術に望みましょう。口腔内状況によって必要な処置が違うので積極的にアプローチしていくのも一つだと思います。多くの歯科医院で無料相談が可能ですし、それぞれの医院に治療に関する注意事項などがありますのでよく理解し丁寧な行動を心がけましょう。

治療方法・リスク・費用などを知り信頼のある病院を選ぶ

歯医者に嫌悪感がある方が多く、そのため口腔の健康が悪く、歯を失う方が多くいらっしゃいます。原因に対して改善をしなくては、適切な処置をしたとしても同じ症状になります。

インプラントは、まず失った派の人工歯根を設置するところから始まります。特殊なドリルで顎骨に穴を開けフィクスチャーを埋め込みます。チタン製の部品を顎に埋め込むことにより、自然な歯で噛むのと同様の圧力や咬合力を発揮することの出来る外科的治療です。

歯科で行う治療と、口腔外科で行う治療には、異なる点があります。口腔外科におけるインプラントとは、フィクスチャーと呼ばれるあごの骨と結合して歯根の役目を果たすチタンの擬似歯根を埋め込みます。フィクスチャーによって可能になった上部構造の構築により、インプラントはその役割を強く発揮します。人工歯根の上に強く噛むことの出来る人工の歯をつけることでその歯の役割を99%カバーします。

人口歯冠ですが、これはその形と色、かみ合わせに対する高さや形状は周囲の人口歯と同様に調整し作製されます。そのため咀嚼機能が低下することなく日常で使用されるのです。人体のの健康に対する機能性と、人の精神面を満たす見た目(外観)を保護する役割をインプラントは、最高のバランスで設計されたフィクスチャーと人工歯冠で果たすのです。

インプラントの治療は、どれだけ熟練した歯科医師が治療をしてもリスクが発生します。例えば、骨が硬すぎる、薄すぎる、細すぎるなどの理由によりオペが失敗に終わることも多く存在します。不十分な診察により、顎関節の異常や血管神経系の扱いによる手術の失敗が起こりますので高い注意力が必要です。リスクを患者に認識、ご理解頂くことがとても重要です。

未熟な外科手技によるインプラント手術による失敗が多く存在しますので、患者様におかれましては、厳しい目で執刀医の選別を行うことが求められています。

また、インプラントは費用がかなり高くかかります。最初に一括で支払わなければならない為、患者に負担がかかることを認識し気を付けなければいけません。最近では10年保証などのサービス(付加価値)を提供している歯科医院が多いです。

インプラントのメンテナンスは、患者様自身認識を持つことが大切です。