インプラントのリスクを知る

口腔外科について詳しく知りましょう

リスクを知り不安を解消

お口の環境を積極的に守る方法としてはインプラントは最適な方法の一つですが、メリットばかりではなく、リスクもあることを理解することがとても大切です。

一昔前までは、総入れ歯に嫌悪感や違和感を多く感じている方にはその他の治療、代換え方法がありませんでした。インプラントは、入れ歯やブリッジのように、かみ合わせや日常の機能性の上で何ら、支障をきたすことなく使用される最先端の歯科治療なのです。

口腔外科におけるインプラントとは、フィクスチャーと呼ばれるあごの骨と結合して歯根の役目を果たすチタンの擬似歯根を埋め込みます。

失った歯の人工歯根を設置するところから始まるのです。特殊なドリルで顎骨に穴を開けフィクスチャーを埋め込み、人工歯根の上に強く噛むことの出来る人工の歯をつけることでその歯の役割を99%カバーします。

人工歯根の上に取り付けられた人口歯は、それ自体が顎の骨にしっかりと固定されますので、元々ご自分の歯に近い近い感覚で咀嚼することが可能となります。自然物の歯冠を顎骨で固定するフィクスチャー上に再現することで、噛み合わせにも最適な歯が形成できます。

インプラントは人工歯根ですので、噛む力も強く出来ますし、すべての歯の土台である顎の骨にも、「噛むことでの適度な刺激」が提供され好影響を及ぼします。

チタン製の部品を顎に埋め込むことにより、自然な歯で噛むのと同様の圧力や咬合力を発揮することのできます。自然物の歯冠を顎骨で固定されたフィクスチャー上に再現することで、一人一人の噛み合わせにも最適な歯が形成されるのです。

インプラントの手術には、どれだけ熟練した歯科医師が執刀しようとも、リスクが発生致します。それらを患者様に認識、ご理解頂くことがとても大切です。

治療の前に、レントゲンやCT画像などでは確認できない、日々の生活で気になった不具合も丁寧に打ち合わせし、治療方針を考える事が大切です。写真などで患者の顎の骨の状態などしっかり確認します。また、生活(仕事や子育て)に忙殺され、口腔内環境が悪化している方が多くます。多くの歯科医院で無料相談が可能ですし、それぞれの医院にインプラント治療に関する注意事項などがありますのでよく理解し丁寧な行動をする事が不安やリスクを解決する方法です。

未熟な外科手技による手術には失敗が存在します。治療される方は、厳しい目で執刀医の選別を行うことが求められています。不安なまま受けてみるのではなく、リスクがご心配な方はぜひ突っ込んで質問してみましょう。全員に施術可能なものではありません。しっかりした術前の検査とカウンセリングで足元を固め、理解をした上でインプラント埋入手術に望みましょう。