インプラントについて知っておきたい事

治療を始める前にインプラントについて確認をしておきましょう

メリットをしっかり把握しておきましょう

歯が抜けてしまうと顎の骨に必要な負荷がかからなくなり、本来の形から変形し、不自然な形に発達することによって他の葉にも悪影響を及ぼすことがあります。

インプラントは失った歯根の代わりに人工歯根を埋入する手術です。歯を失った本数に対して同程度の治療をすることが一般的です。

妊娠中の方は、局部麻酔等の薬品を用いますので手術はできません。顎骨が極端に減少していたり薄くなったりしている方は、骨移植手術が必要だったり、手術時のリスクが増します。

お口の環境を積極的に守る方法としては最適な方法の一つですが、メリットばかりではなくリスクもあることを理解することがとても大切です。

インプラントのメリット

インプラントはニーズも注目度も高い治療ですが、患者様によってては、ご理解が少ない分野でもあります。歯科医院は、口腔外科、治療方法の情報をもっと発信していかないといけないと思います。

歯が欠損することで、不自然な豊齢線や、年齢以上にはっきりとしたシワが出来ることが多々あります。インプラント治療は自然な歯を再現します。なので、不自然なしわが減ると言われています。

また、歯が抜けてしまうと顎の骨に必要な負荷がかからなくなり、本来の形から変形し、不自然な形に発達することによって他の葉にも悪影響を及ぼすことがあります。人口の歯冠を設置するので、自然歯と同じ咀嚼力を提供することが出来ます。

手術には、どれだけ熟練した歯科医師が行ってもリスクが発生する場合があります。患者に認識、ご理解頂くことがとても大切と言えます。

個人差はありますが、術後の痛みは抜歯程度な場合が多くみられます。そのため、入院の必要もない場合が多いのもインプラント治療のメリットの一つです。ひとりひとりの口腔内状況によって必要な処置が違うので積極的に患者様からアプローチしていくのも一つだと思います。

インプラント治療とは、人体にとても親和性の高いチタンを加工形成し、歯根の代わりに額骨に埋め込む治療なので、事故による損傷などによる歯の欠損によって低下した咀嚼力をを蘇らせるために、ブリッジなどではない、フィクスチャーと人工歯冠を構築します。

徐々に自然な歯根と同様に機能するインプラント(人工歯根)は、やがて生まれながらに持っている歯根と同じ様に歯冠をしっかりと支えます。それに比べ、入れ歯は強く噛むとどうしても歯茎や視床下部に当たり、負荷がかかり痛みを伴うことがります。また、ズレや入れ歯の歪みによる悪影響の循環にハマることも多々あります。

歯のことを気にしている方の多くは、機能的な部分か審美的な部分を気になさる方が多いです。インプラントはブリッジや入れ歯のような審美的機能的なマイナスをある意味では克服したものだとも考えられるでしょう。

【ニキビが痛い】痛い背中ニキビは危険? | 背中ニキビ 薬学研究所