インプラントの治療方法

手術方法や治療方法を説明します

どんな治療をするの?

入れ歯は強く噛むとどうしても歯茎や視床下部に当たり、負荷がかかり痛みを伴うことがります。また、ズレや入れ歯の歪みによる悪影響の循環にハマることも多々あると耳にします。

歯槽膿漏、歯周病が悪化し、健康な歯が抜け落ちてしまったり根元から虫歯になってしまう方が多く、ほぼ健康な歯なのに失ってしまい若年高齢を問わず悩まれてしまうことが多くいらっしゃいます。

歯の欠損した状態が一定期間続く程、その口腔内環境への悪影響は増大しします。インプラント治療をする場合でも、一先ず口腔内の環境を整えることからはじめなければいけない場合も多くあります。

口腔歯科で行われる人工歯根埋入のインプラントは、主に、時間の経過や老齢化現象などにより失った歯を人工で作られた人工歯根などでサポートする歯科治療です。最初の手術で埋入されたフィクスチャーとそれの上部構造である人工歯冠によって基本的な一連の手術方法となります。

より良い歯科治療、口腔に関連、連動したより良い健康を求めておられる患者様にとってインプラントは最適な階の一つであることは当然です。施術のミスは術ない、ても症例も多く安全性の高い治療法たど考えます。

インプラントの手術

インプラントは海外から入ってきた手術です。日本にも独自のインプラント埋入法を掲げる歯科医が多くなってきましたが、手術は、細かく検査してリスクを排除しても、外科手術の一貫ということを手術を実際に受ける方にご理解頂けないといけません。

現在のインプラントの人工歯根は1ピース型や2ピース型があるが、基本的には医院ごとの先生の使い慣れた方を使用しています。虫歯や歯周病で失った人工の歯を取り戻すことはできませんが、フィクスチャーの上に上部構造を作ることで、自然歯のような噛み心地が実現されます。

まず失った派の人工歯根を設置するところから始まります。特殊なドリルで顎骨に穴を開け本体(フィクスチャー)を埋め込みます。

インプラント治療で主流となっている素材は、擬似歯根でも使われる「チタン」ですが、それは人体の骨と結合する性質を持っていたためであり、体の拒否反応も(ケースにはよりますが)少ないためです。そのため今後も主流で居続けるでしょう。

最初の手術で埋入されたフィクスチャーとそれの上部構造である人工歯冠によって基本的な一連の手術となります。この埋入手術は、全身麻酔でなく、(全身麻酔でも可能ですが。)曲者麻酔を用いて行い、30分から2時間程度の時間を要します。

手術には、どれだけ熟練した歯科医師が執刀しようとも、リスクが発生致します。未熟な外科手技によるインプラント手術による失敗が多く存在しますので、患者様におかれましては、厳しい目で執刀医の選別を行うことが求められています。審美的な部分をケアできる歯科医師はとても重宝されます。

治療を受ける前に、スタッフにある程度の知識がある歯科医院を選ぶほうが良いでしょう。スタッフの歯科治療に対する前向きさは、その歯科医院の治療レベルを反映する一部分だと思います。10年保証などのサービス(付加価値)を提供している歯科医院が多いですが、患者様自身のメンテナンスが大切であり、認識を持たなくてはなりません。

治療に重要なこと

お食事は人生の喜びの一つです。しかし、入れ歯であることや歯が少ないことでその人生の喜びを享受できない方が多くいます。そのようなお悩みを持つ方にはぜひ、インプラントをご考慮頂けたらと思います。

治療を行う前に重要な事は、口全体を総合的に診断しかみ合わせも良く見た目にも良い状態にしていかなければならない事です。

インプラントは失った歯根の代わりに人工歯根を埋入するする手術です。歯を失った本数に対して同程度の治療をすることが一般的です。顎の骨と接合させたフィクスチャーが最終的に人工物ときっちりと結合することでインプラントのオペが達成されます。

治療方法は、完成されたのように感じる方も少なくはないですが、一人一人の口腔環境に合わせた治療計画と、治療前、治療後の処置が重要です。X線やCT画像で顎関節から顎の状態までを診断、把握し、口腔内全体の疾患を取り除く治療方針を建てることが必須です。

より良い歯科治療、口腔に関連、連動したより良い健康を求めておられる患者様にとってインプラントは最適な階の一つであることは当然です。

人口の歯冠を設置することのできたインプラントは、自然歯と同様の咀嚼力を患者様に提供することが出来ます。

ウォーターサーバー比較@調査隊 ランキングで宅配水を選ぶ